2019/12/16

レバーハンドル・・・

先日、
ホームセンターで・・・

レバーハンドルのコーナーを・・・
発見!!


写真 2019-05-19 14 14 50

アクリル板の扉に、
各レバーハンドルが付いているので・・・

これなら・・・
選びやすいね!

中にはその商品が入っています。



毎日貯まるポイントサイト ECナビ


箱に入って品番が書いてあっても
一般の方には分からないですもんね。

2018/07/16

クラックスケール・・・

下記写真は、
建物点検で使用している・・・


1_20180716140100f04.jpg

クラックスケール!



使い方は・・・

基礎など、コンクリートのクラック部分に
このクラックスケールをあて・・・

クラックの幅を測る。


ちなみに、日本建築学会の
「鉄筋コンクリート造建築物の収縮ひび割れ制御設計・
施工指針(案)・同解説」では・・・

屋外側・・・0.3mm以下
屋内側・・・0.5mm以下

が許容値として載っております。
2018/04/18

打診棒・・・

先日、
ネットで購入した「打診棒」が届きました。


写真 2018-03-09 17 39 33

打診棒?・・・

皆さんには、
聞きなれない商品でしょうね?


これ・・・
何に使うと思いますか?

タイルやモルタル仕上の壁など・・・
目視では分からない「浮き」や「剥離」を

音の変化で確認するという使い方をします。


先端の球の部分を
壁に押し付けて撫でるように動かすと・・・

浮いている部分は音が軽く聞こえます。






タイルやモルタルの経年劣化による落下は、
とても危険ですので事前の点検が大切です。

そんな事もあって、
建物点検の業務が・・・増えています。


ちなみに、浮いている部分は
落下の危険性・・・「大」です。
2017/06/25

一級建築士定期講習・・・

建築士事務所に所属する建築士は・・・
3年毎に定期講習及び考査(試験)を受けなければなりません。

私は今年度が定期講習の年にあたります。

今まで、建築士会が実施していた
講習を受けてきましたが・・・

今回初めて民間の講習を受ける事にして
ネットから申し込み・・・

写真 2017-06-25 11 04 07

先日、受講票が届きました。
私が申し込んだのは・・・日建学院



こちらの方が、
受講料も少しお安く、クレジットカードで払えて便利です。
2017/04/26

流し台のカウンタートップまでの高さ・・・

システムキッチンの
床からカウンタートップまでの高さはどのくらい?がいいのか?

これは使う方の身長と関係するのですが、
各メーカーが標準としているのが・・・85cmです。

これは、平均的な身長から出しているので、

背の高い人は・・・低すぎて使いにくく、
また、
背の低い人は・・・高すぎて、これまた使いにくい。



造作の場合はオーダーメイドですから
1cm単位で高さを作れますが・・・

メーカーさんの商品は既製品ですから
5cm単位となっています。


1_2017042420120982e.jpg

上の写真は
先日、ショールームに行った時に撮って来たものです。

真ん中が標準の85cmで・・・

左が背の高い人の90cm、
そして、右が背の低い人の80cmとなっています。

実際、奥様がここに立って・・・シミュレーション!
5cm違うと・・・調理が終わった時の疲れ方も違ってきます。

毎日使うものですから・・・
お任せではなく、こういうところは・・・こだわって下さい!